結婚に消極的な男性の本音とは…

  • 2016/8/9
  • 結婚に消極的な男性の本音とは… はコメントを受け付けていません。
17efb508783e88488fd58786a64588bc_s

「草食系男子」が流行語になるなど、女性との交際・結婚に関して消極的な男性が多くなったと言われています。
何年付き合っても結婚の話をしようともしない、そればかりか結婚の話を避けようとしているという男性も少なくないようです。

そんな男性の本音はどのようなものなのでしょうか。

「今しなくても良い」

彼女と付き合ってそれなりの月日も経つし、女性が妊娠・出産をするなら若い方がリスクが低いことも何となく耳にしている。

でも現状に取り立てて不満がある訳ではないし、結婚となるとお互いの両親や親戚、手続きなど大事だし面倒な気がする。結婚の話は明日、来週、来月にすれば良い…

今の状態で満足なのに、わざわざ面倒(という印象)な結婚と言うハードルを越えにいかなくても良いのでは?結婚しないと言っている訳ではないけど、もう少し先で良いのでは?
と「今しなくても」と考えている男性は多いかと思います。加齢による妊娠・出産のリスクの多くは女性が負うことになりますし、結婚式での化粧のノリを心配するのも多くは女性の方でしょう。
「早く結婚しておきたい」と考える女性と「今しなくても」という男性のカップルの場合、結婚を急かされると男性の方はつい逃げ出したくなってしまうのかもしれません。

「収入は自分のために使いたい」

せっかく頑張って稼いだお金を、自分の趣味や生活のために使いたい。奥さんが遊んだり、着飾ったりするのに使われるのは嫌だ…

独身の頃は2,3万円の飲み代も、5万円の趣味の釣り竿も、そんなに気負いなく購入することができても、結婚後はそう簡単にはいきません。共働きだとしても妊娠・出産で仕事を休んだり、子育てのために時短で働くことで収入が減ることも考えられます。
しかも、子供はひとりを大学卒業まで育てると3,000万かかるとも言われています。趣味があっても我慢しなくてはいけないかもしれませんし、家族を養うために今よりもっと働かなければならない可能性もあります。

「他の人と一緒に暮らしたくない」

一人暮らし歴も長く、炊事や洗濯など家事も不自由なくできるようになった。気ままで快適な一人暮らしを辞める気にはなれない、自分のペースで暮らしたい…

普段料理をしない彼の家に行って、家庭料理を作って胃袋を掴む!というアピールは定番でしたが、最近では男性の中でもチャチャッとご飯を作ったり、色柄別に分けて洗濯するなどマメな方も増えているようです。
彼女と一緒に暮らすことで、家事が楽になるというより方法の違いや雑さが気になってしまい、かえってストレスに感じてしまう人もいるようです。

実は女性側も本音は似ている?!

これらの本音は、実は婚活中の女性側にも当てはまるのかもしれません。現状には満足しているし、自分のペースで自分磨きのためにお金を使いたいという女性は多いと思われます。
ただ、女性側には加齢によるハンデが明らかに男性よりも大きくなってしまうのが実状であり、その分の焦りが婚活市場において女性が多く男性が少ないという状況に繋がっていると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 16
    パワースポットはいいとこです…
  2. 08
    運悪く遭遇してしまう「婚活トラブル」は、婚活していれば避けては通れない道でもあることは事実です。もち…
  3. 15
    最近の婚活男性の中で、年齢に対して焦りを抱く人は意外と少ないようです。生活が安定してくるもあって、年…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ランキング

アーカイブ

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る