ワザと「隙(すき)」を作ってみる?!

9f7eea8fa021f068e34eaf43a74e0f4a_s

婚活中、『男性は年収』『女性は年齢』が一番ネックになると言われています。でも、頑張りや運で上げることができる『年収』に比べ、時間の経過とともに不可逆な『年齢』がネックになるなんて不公平!と感じる方も多いのでは?

どうして『年齢』がネックになるかと言えば、確かに見た目や子供を望む際の出産年齢などが関わってはいますが、それだけではないようです。

婚活している女性は「仕事を頑張っているうちに婚期を逃してしまった」「自分磨きに力を入れている」という方も多く、すでに結婚している女性と比べても能力が高かったり、スタイルや見た目だって優れている方も多く見受けられます。

仕事に励む人、自分を磨くことは人としてとても素晴らしい事ではあるのですが、これを婚活中の男性の視点に移してみると…

「綺麗で頼りになるけど、自分じゃ太刀打ちできない」

「一緒にいると疲れそう」

という印象を持ってしまい、入り口の時点で恋愛・結婚の対象から外されてしまうことになりかねません。

でも、ちょっとした「隙(すき)」を見せることで、男性はぐっと親近感を持ち、対象として意識するようになるそうです。

こう書くと「隙を見せる」なんて、相手に媚びているようで生理的に嫌だ!という方もいるかもしれません。ですが本来の自分を知ってもらうためにも、相手と関わりを持って相性を確かめるためにも「きっかけ」を作ってみても良いのではないでしょうか?

「隙」の具体例を挙げてみると、

・休日出勤の時に普段とは違ったナチュラルメイク、メガネにしてみる

・飲み会で適度に酔っ払ってみる

・頼み事をしてみる

などがあります。それと共に、

・ひとりになってみる

こともお勧めです。女性は何かと数人でグループになりがちですが、固まっている女性に話しかけるのは男性側からはハードルが高いものです。

『ひとりでいると、みんなに嫌われていると思われないか』と不安になるかもしれませんが、むしろ『群れずにいられる人』は男性からは高評価になることもあるそうです。

ポイントは普段から隙だらけという訳ではなく、普段しっかりして頑張っているのに「隙」があるということです。いつも飲み会で酔っ払い過ぎていたり、女性ということを武器に甘えてばかりでは「隙」もモテポイントにはなりません。

頑張ってきたからこそ、自分を磨いてきたからこそ使える「絶妙な隙」を恋愛・婚活のきっかけに作ってみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 16
    パワースポットはいいとこです…
  2. 08
    運悪く遭遇してしまう「婚活トラブル」は、婚活していれば避けては通れない道でもあることは事実です。もち…
  3. 15
    最近の婚活男性の中で、年齢に対して焦りを抱く人は意外と少ないようです。生活が安定してくるもあって、年…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ランキング

アーカイブ

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る