知っているようで知らない「婚約」とは

cd89b2934187f7dad4c95f00572a36fa_s

「婚約中のカレがいます」「私たち婚約しました」など普通に使ったり耳にする「婚約」ですが、婚姻届けを役所に提出する結婚とは違い、法的な手続きを伴うものではありません。

「婚約」とは何を持って成立するのかをまとめてみました。

口約束でも婚約は成立する

相手にプロポーズをして、もう一方がそれを承諾することで基本的には婚約が成立することになります。ただ、万が一婚約破棄で裁判になった時には口約束だけでは証拠として不十分なことが多いようです。

お互いが結婚に合意し、両家の顔合わせの会を設ける、結納をとり行うことで婚約の成立がより確かなものになると言えるでしょう。また婚約指輪をプレゼントし、婚約指輪だと了承したうえで受け取った場合も婚約が成立したとみなされるようです。

中には「婚約式」や「婚約パーティ」を行う場合もあるようですが、その後に結婚式を行う場合には出席者には2度お祝いしてもらうことにもなるため、開催には賛否両論があるようです。

「内縁」との違い

婚約と内縁はどちらも婚姻届を役所に提出していない状態、という点では同じですが、婚約は結婚を前提にした状態であるのに対し、内縁は『事実上夫婦関係にある』という状態を表します。

内縁関係では場合によっては法律婚に準ずる効果が認められることがあり、同居・協力・扶助の義務が生じます。

不当な「婚約破棄」には慰謝料も請求できる

結納や両家の食事会、結婚式場の予約など婚約が成立しているのに、一方的な理由で婚約を破棄した場合、破棄された側は被った精神的・財産的な損害を慰謝料として請求することができます。

嫁入り道具として用意した家具や衣類、結婚のために退職した場合には退職しなければ得られたであろう利益、また精神的な慰謝料をあわせて請求できることが多いようです。

ただ、婚約中の不貞行為があった場合、暴力や暴言があった場合、学歴詐称や健康状態について悪意のある虚偽が明らかになった場合など、正当な理由が認められる場合には婚約を解消することができます。

まれに婚約中だと聞くと「結婚してしまったら遊べないから、今のうちに遊んでおけ!」などと無責任にけしかける人もいるそうですが、婚約中の不貞行為は立派な婚約破棄の理由になりますから、軽々しく勧めることも、真に受けて遊んでしまうことも慎んだ方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 16
    パワースポットはいいとこです…
  2. 08
    運悪く遭遇してしまう「婚活トラブル」は、婚活していれば避けては通れない道でもあることは事実です。もち…
  3. 15
    最近の婚活男性の中で、年齢に対して焦りを抱く人は意外と少ないようです。生活が安定してくるもあって、年…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ランキング

アーカイブ

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る