恋愛の「種まき」をしよう

14f0232820f58911dc5a192d65ca4e94_s

次々に彼ができる友達もいるのに、自分は出会いも少なくて彼もできない。婚活パーティーや異業種パーティーなどにも行ってはみるけれど、なかなかうまくいかない…とお悩みの方にお勧めなのが、身近に恋愛の「種まき」をすることです。

「久しぶり!どうしてる?」でOK♪

しばらく連絡をとっていない異性の友達はいないでしょうか?昔の仕事仲間や同級生、サークルなどの仲間に連絡を取ってみましょう。ここで、「ご飯行こうよ!」と最初から直接誘うのは抵抗があっても、近況を話し合う中で「今度飲みに行こうよ」という展開を期待することができます。
2人でとは限らず、「私も○○に声をかけるから」とグループでワイワイ飲んでいるうちに、友達から発展するというパターンもあります。

同性の友達でも、男女ともに人脈のある友達なら声を掛けて集めてくれるかもしれません。ただ、あまり女子だけで「女子会」を楽しんでしまうと、寂しさも紛れてしまい「彼がいなくても楽しい」と時間だけが過ぎてしまう恐れがあるので注意が必要です。
「私もいい出会いがないか探してる!」という友達がいれば、一緒にバーなどに飲みに行くのも良いかもしれません。女性2人、3人で飲んでいると男性グループから「一緒に飲みませんか?」と声がかかることも結構あるようです。

「誰かいい人がいたら紹介して欲しいな」とさり気なくアピール

友達や知人と話している中で、「誰かいい人がいたら紹介してくれたら嬉しいな」とアピールしておくことは大切です。友達に誰かを恋愛相手として紹介するということは、実は結構面倒なことです。「この友達とあの友達、フリー同士なのにな」と思ったとしても、うまくいかなかったり、ややこしいことになると面倒だと行動にはでないこともあるでしょう。

でも、『そういえば、紹介して欲しいって言ってたな』と記憶にあれば、アクションを起こしてくれる可能性が高くなります。

ここで大切なのは「さり気なく」アピールするということです。久々の友達に会うなり「誰か紹介して!」と強く迫れば、『便利屋と思っているの?』と誤解されかねません。その友達にしても「心から大切だと思っている友達」の相手を紹介するのと、「強く頼まれたから仕方なく」紹介するのでは対応も違ってくるでしょう。

気を遣ったり、恥ずかしいからと言って全くアピールしないでいると、チャンスを逃すかもしれません。「この人、私の友達に合うかも?」と思っても、頼まれてもいないのに紹介するのは押しつけがましいかと遠慮する可能性もあるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 16
    パワースポットはいいとこです…
  2. 08
    運悪く遭遇してしまう「婚活トラブル」は、婚活していれば避けては通れない道でもあることは事実です。もち…
  3. 15
    最近の婚活男性の中で、年齢に対して焦りを抱く人は意外と少ないようです。生活が安定してくるもあって、年…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ランキング

アーカイブ

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る