婚活は同時進行もアリ?

dd828a65fe26f1f20726c541b28919e6_s

結婚相談所などではカウンセラーが

「2、3人くらいは同時進行してくださいね」

と同時進行を勧めることも多いそうです。通常の恋愛では同時進行は「二股」と言われ敬遠されるものなのに、3人の同時進行なんて良いの?と気持ちの整理ができない方も多いのではないでしょうか。

きちんと「付き合う」までは曖昧な関係

例えばカップリングパーティーでカップルになったとします。カップルになったという事で「付き合いはじめた」と思ってしまう方もいるようですが、この時点ではそれ以前の段階だと言えます。

一緒に食事したり、遊園地や水族館などに出掛ける中でお互いのことを知り、どちらかが「付き合ってください」と申し込んだ時点で相手が了承すればお付き合いがスタートすることになります。
婚活カップリングパーティーやお見合いで知り合った以上、結婚を前提とした付き合いということはお互いの了解事項だと言ってよいでしょう。

どちらかがお付き合いを申込むまでは恋人ではない曖昧な関係ですから、他の方と会ってみたり、食事に行くことは相手を裏切る行為とまでは言えません。

ただし、それは相手も同じことですから他の人と同時進行されていて、ある日突然

「他の人とお付き合いすることになりました」

と告げられる可能性もあることは婚活である以上、仕方のないことだと言えるでしょう。

同時進行のメリット

婚活をしていなければ出会うことのなかった人と会い、二人で食事をしていても

「この人で良いのだろうか…」

と不安に思うことはよくあることです。

同時進行していれば、言葉は悪いですが比べることができます。例えば、同じ悩みを相談した時どういう対応をするのか、どういったデートをプランニングしてくれるのか、などを見ることによって、自分がどちらの人を好ましく感じるのか判断をする材料になります。

また、時間の有効活用というメリットもあります。一人と出会い、曖昧な期間を経て、お付き合いをスタートさせるorさよならする、うまくいかなかった時はまた出会いから始める…というのが誠実な向き合い方とも言えますが、その間にも時間はどんどん過ぎてゆきます。
特に女性にとっては年齢は重要な要素となります。

婚活と就職活動は似ている?

就職活動をするとき、よっぽどの理由がなければ一社に絞って活動を行う人は少ないでしょう。たくさんの会社で面接を受け「御社が第一志望です」と答えるのが一般的です。
ただし、内定がもらえた際には一社に決めて、他の会社には辞退を申し出るのがマナーです。

婚活も同じように、お付き合いをするかという段階にステップアップするまでは、他の人と同時進行も許される範囲の行動と言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 16
    パワースポットはいいとこです…
  2. 08
    運悪く遭遇してしまう「婚活トラブル」は、婚活していれば避けては通れない道でもあることは事実です。もち…
  3. 15
    最近の婚活男性の中で、年齢に対して焦りを抱く人は意外と少ないようです。生活が安定してくるもあって、年…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ランキング

アーカイブ

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る