お金のかからない趣味     編み物編

3b123c966656a366ea1ed52064e160a5_s

プロフィールカードなどを記入する際、必ずといってよいほどあるのが「趣味」欄です。特に今は趣味と言えるものはなく、教室などお金をかけるのも避けたい…という方にお勧めなのが編み物です。

手芸店で毛糸を購入し、編み図が掲載された本を購入すればお金がかなりかかります。ですが、初期投資を少なく始める方法もあります。

最初の道具は100均でも揃う

編み棒にしてもかぎ針にしても、質を問わなければ100円均一ショップでも揃えることができます。本格的に編むのであれば、道具もそれなりに揃えた方が良いでしょうが、100円均一ショップのものでも編めないことはありません。
毛糸も手芸店で揃えると高くつきますが、これも100円均一ショップで購入することができます。特に冬場になると種類も量も増えることが多いので、冬場に始められるのがお勧めです。
アクリル毛糸だけでなく、綿100%の毛糸も手に入れることができます。糸の太さにもよりますが、中細ならマフラーで3玉くらい、帽子や手袋も2,3玉あれば完成するでしょう。

基本の編み方はネット動画で

目の作り方や基本の編み方は、ネットで検索するとたくさん出てきます。中には動画で分かりやすく解説してくれているものもあります。繰り返し見たり、一時停止させて自分でも編みながら続きをみるなど、動画ながらの見方をすることができます。
毛糸の販売サイトなどでも基本の編み方を紹介しているところがあり、参考にすることができます。

編み図は「気に入った作品」→「編み図」で探す

編み図を探す時にもネットが大活躍します。例えばストールを編もうとする時には「手編み」「ストール」と入力して画像検索してみてください。

すると色々な方が作った作品の写真がヒットしますから、気に入った作品が掲載されているページにアクセスします。運が良ければ編み図が公開されている場合もあります。
手編みの場合、「○○」という本の「△△」という編み図より、などと記載されていることが多いです。雑誌名と何月号、という記載の場合もあります。
本の名前をメモしたら、お近くの図書館でその本を探してみてください。最近ではネットで本を検索し、予約できるところも増えているようです。

本を借りたら編み図の掲載されているページをコピーしましょう。コピーなら本の様に閉じてしまう心配もなく、編んでいる途中も見やすく持ち運びも簡単です。
また、図書館には様々な模様編みがパターンとして紹介されている図鑑のような本も置かれていますから、気に入ったページをコピーしてストックするのもお勧めです。

道具を揃え、編み図をコピーしても2,000円もあればお釣りがくるでしょう。うまくデザインを選び、毛糸も好みのものが手に入れば、帽子やマフラーなどを購入するお金も節約できてしまいます。
特にかぎ針編みは簡単であるのに加えて、小さなかぎ針ひとつだけなので、持ち運んで移動先で少し空いた時間にも編めるのでお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 16
    パワースポットはいいとこです…
  2. 08
    運悪く遭遇してしまう「婚活トラブル」は、婚活していれば避けては通れない道でもあることは事実です。もち…
  3. 15
    最近の婚活男性の中で、年齢に対して焦りを抱く人は意外と少ないようです。生活が安定してくるもあって、年…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ランキング

アーカイブ

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る