婚活で女性がやりすぎてはいけない○○とは?

FullSizeRender

婚活で気になる人が現れた時。
あなたは積極的に声をかける方ですか?それとも声をかけられるまで待つ方ですか?

普通に恋人を探しているのではなく、「婚活」という自分の人生にとってかなり大切な伴侶を探すという一大イベントなだけに、ピンときた人がいれば絶対に逃したくはないものですよね。
もちろん、最初のきっかけは逃さないように積極的に向かっていくのは間違ってはいませんし、むしろ積極的になっても良いくらいでしょう。

が、しかし。

あまりにも積極的すぎると、実はせっかくいい感じになってきた結婚を視野に入れた男性を逃してしまう可能性があるのです。

例えば、上手くコミュニケーションが取れていたはずなのに出会った男性が全然違う女性の方に傾いてしまったり、もう結婚秒読みまで行っていたのに突然上手くいかなくなってしまったり…
もし心あたりのある方は、ある共通点があることが心理学的にもわかっているそうなのです。

え?どうして?婚活での思わぬ落とし穴

その共通点とは、「相手を追いかけすぎる」という、なんとも男女の仲ではありがちな現象。

でも、それがどうしていけないのでしょうか?

実はその行動は、心理学でいうところの「最小関心の原理」が働いているとされているからんです。この「最小関心の原理」とは、相手に興味があまりない人が関係性をリードするところから名付けられた心理学用語なのですが、これは一般的に言われる「惚れたもん負け」のようなもの。

アニメでいうところの「うる星やつら」のラムちゃんがあたるを追いかけまわすパターンにとてもよく似ています。
アニメではなんやかんや仲の良い二人ではありますが、現実世界でいうとかなり複雑な問題が絡み合ってきます。

追いかけられる方が…?

アニメのパターンを仮説としてご紹介しましたが、現実世界では確実にクールで冷静沈着だったりあまり相手に惚れていない方が有利、つまり「追いかけられる人」の方が婚活では圧倒的に主導権を握っていることになります。

運よく追いかけている人と結ばれれば良いですが、気をつけなければいけないのは「女性が追いかける」というパターンです。

男性は本能的に女性を追う、という性質を持ち合わせているので、追いかける女性は婚活では最後の最後で上手くいかなくなるケースがよくあります。

そのためにも、程よい距離感やメールの回数など、あえて相手に「追いかけさせる」というように仕向けるのがポイントです。

追いかける婚活が全て上手くいかないわけではありませんが、成功率は追いかけられる女性の方が多いということは大いにあります。
気になって仕方ない、そんなお相手に婚活パーティで出会った際、まずは一呼吸おいて相手からのレスポンスを待つ、というのも一つの方法ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 16
    パワースポットはいいとこです…
  2. 08
    運悪く遭遇してしまう「婚活トラブル」は、婚活していれば避けては通れない道でもあることは事実です。もち…
  3. 15
    最近の婚活男性の中で、年齢に対して焦りを抱く人は意外と少ないようです。生活が安定してくるもあって、年…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ランキング

アーカイブ

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る