お見合いをする時のマナー(男性編)

男性 スーツ

最近では「お見合い」と言っても仲人さんが同席する正式なものよりも、当人同士が初めから2人きりで会う形が増えてきているようです。そんなお見合いをする時に男性が気をつけたいマナーをいくつか挙げてみましょう。

待ち合わせ前に気を付けることと言えば「身だしなみ」です。髪や爪は清潔にし、きちんと折り目のついたスーツ、手入れをした靴でお見合いに臨みましょう。普段以上に特別にお洒落をしなくてもかまいませんが、来てくれる相手に礼儀を失わないよう、清潔感のある装いがお勧めです。

お見合いの場でなくても社会人なら当然のことですが「遅刻」は厳禁です。ましてや2人きりのお見合いでは、男性が先に待ち合わせ場所に到着し、相手と思われる人が来た時には自分から声を掛けるよう心掛けましょう。女性の方から見ず知らずの男性には声を掛けにくいものですし、モジモジと声を掛けられるのを待っているよりもずっと印象が良くなります。

場所としてはホテルのラウンジや料亭の個室などが多いと思われますが、食事の席でメニューを決める時には、まず女性にメニューを渡しましょう。お店が前もって分かっているなら事前にネットなどで調べて、自分の頼むものを決めておいても良さそうです。初回のお見合いの場の会計は男性が持つことが多いので、事前に下調べしておくと会計の際にも気持ちに余裕もできそうです。

会ってみて「タイプではない」と感じたとしても、その場で態度や顔に出すのはマナー違反です。大人な対応を心掛け、お見合いの時間を過ごしましょう。お見合いの後、次回会うのをお断りすることはマナー違反ではありません。

場が盛り上がり楽しくなったとしても、最初のお見合いは短い時間で切り上げる方が良いそうです。相手も同じように楽しいと感じているかは分かりませんし、「もう少し話したかった」と思えるくらいの方が次に繋がりやすいようです。
気に入った相手であれば、いち早く次回のデートの確約が欲しくなってしまいますが、お見合いの別れ際に強引に次の約束を取り付けようとするのはNGです。
次回も会いたい!と感じたなら、「今日の時間がとても楽しかった」「また会いたいと思っている」ことを誠実に伝えることは大切です。そして一旦お見合いの日はお互いに帰り、改めてメールや電話で次回の話をするのがお勧めです。

お見合いは人との出会いです。たとえ縁がなく結婚には至らなかったとしても、人生のどの場面で再会したり、共通の知人が出てこないとも限りません。相手を気に入るにしろ、そうでなかったにしろ、お互いに有意義な時間を過ごせるよう努めるのが礼儀やマナーと言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 16
    パワースポットはいいとこです…
  2. 08
    運悪く遭遇してしまう「婚活トラブル」は、婚活していれば避けては通れない道でもあることは事実です。もち…
  3. 15
    最近の婚活男性の中で、年齢に対して焦りを抱く人は意外と少ないようです。生活が安定してくるもあって、年…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ランキング

アーカイブ

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る