直球が近道?! 再注目されている「お見合い」

ラウンジ

数十年ほど前には、親戚のおばさんや職場の上司がなどが仲人になり結婚相手を紹介する「お見合い」で結婚することはごく一般的な流れでした。その後、結婚が家と家同士のつながりというよりも、個人のつながりという感覚がが広まり恋愛結婚が主流となってきています。
けれど生涯未婚率が上がり晩婚化が進む中、今再び「お見合い」に注目が集まっているそうです。

昔から行われている「お見合い」では事前に経歴などを記した釣書や写真を交換し、お互いにある程度情報を知った状態で会うことになります。自分の経歴や容姿に自信がない点があったとしても、情報を知らせたうえでお見合いの場に来るということは、少なくともその点はクリアされているという安心感もあるでしょう。
また、最近ネットを通じた婚活などでは簡単なプロフィールのみで、メール交換もネットの専用サイト上でのみ行いながらお見合いをするというパターンもあるそうです。お見合いしたものの、断りたい場合に電話番号や住所など個人情報を相手に知られる心配がないため安心だから、という理由のようです。

パーティーなどの場が苦手、という人もいるでしょう。人がたくさんいる中、同性のライバルと牽制しあって意中の人と話したり、印象に残るアピールが苦手だという方も少なくありません。そういう方にとっては、ゆっくりと落ち着いて一対一で会話ができるお見合いの方が向いているのかもしれませんね。日常生活の中でなかなか出会いがないという方にとっても、お見合いは『結婚前提』で出会うという、恋愛に例えるとプロローグをすっ飛ばしたかのような段階から始められることがメリットだと言えるでしょう。

 

改めて見直されている「お見合い」ですが、デメリットも考慮に入れておかなければなりません。知り合いなどに紹介されたお見合いの場合、場をセッティングしてもらったり当日時間を割いてくれた知り合いに申し訳なくて、お見合い相手が気に入らなくても断りにくい、ということも考えられます。うまくいかなかったからといって、また次の人を紹介されることを煩わしく感じることもあるでしょう。
一般的にお見合い結婚は恋愛結婚と比べて結婚に至るまでの交際期間が短いそうです。短い期間の中で、「断る理由もないから」と躊躇しているうちにトントン拍子で話が進んでしまって『これで良かったのかな…?』と不安になる人もいるかもしれません。
さらに、自分から断るだけでなく「相手に断られる」という可能性もあるのがお見合いです。人によってはお見合い相手に断られた時に、自分という人間の価値を否定されたように感じて落ち込んでしまう人もいるそうです。

 

結婚は相性が良く縁が有った時に成立するものですから、お見合いでたとえ自分の方は気に入っていた方に断られても「縁がなかった」訳で落ち込む必要はありません。
婚活パーティが良いのか、お見合いに向いているのか、その時々の参加者や相手にもよりますから、あまり重く考えず、人との新しい出会いのひとつとして「お見合い」を取り入れてみるのが良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 16
    パワースポットはいいとこです…
  2. 08
    運悪く遭遇してしまう「婚活トラブル」は、婚活していれば避けては通れない道でもあることは事実です。もち…
  3. 15
    最近の婚活男性の中で、年齢に対して焦りを抱く人は意外と少ないようです。生活が安定してくるもあって、年…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ランキング

アーカイブ

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る