婚活の決め手は、出会いから◯◯回まで!

4626290179_bdafb86144_o

婚活で「この人なら…」と思う人に出会い、「仲を深めていきたい」と思った時。
ぶっちゃけ、どれくらいの回数を重ねて会えば、本命の「結婚につながる」存在になるのか、気になりますよね。
「出会ってから第一印象でその次につながるのかが決まる」と巷でよく言われていますし、この記事を読まれている方もそう思われたことは多いのではないでしょうか。
実際、恋愛心理学でも「第一印象が強く残る」証明はされており、初めの印象が良い、ということは婚活において重要なポイントだと考えられます。

どちらが次につながりやすい?

「美人で上品な雰囲気、スタイルも良いけれど、喧嘩っ早い」

「喧嘩っ早いけど、美人で上品な雰囲気でスタイル抜群!」

だったら、男性ならどちらの女性にに婚活で声をかけやすいでしょう?
ぱっとこの一例を字面だけ見ると、声をかけたくなる人は一番最初の方が印象もよく、「声がかけやすそうだな」という人が多かったのではないでしょうか。
この「喧嘩っ早い」という言葉だけ冒頭に持ってくるだけで、
「ちょっと声がかけづらいな」=「第一印象でナシな人」というふうになってしまうんです。
この例を見てもわかるように、どれだけ一番最初に「素敵」と思われるイメージを持ってくるかが重要なのかということに気付かされますよね。
最初に悪いイメージが相手についてしまうと、それ以降の連絡すらあまり取れなくなってしまう、という残念な結果になることも胸に刻んでおく方が良いでしょう。

一体じゃあ回数は出会いから何回なの?

では、第一印象で良い印象を相手に持ってもらえて連絡先も交換し二回目にお相手と会うところまで進んでから、一体何回までが決め手につながりやすいと言われているのでしょうか。
実は、心理学では出会って二回目で相手の第一印象が間違っていないかどうかを確認、認証し、三回目で二回目までについた印象を固める、といったプロセスを踏むとされています。
つまり、三回目まででおおよその印象が固まってしまうので、それ以降そのイメージを崩すにはよほど大きなイメチェンや良いギャップを植えつけないと難しくなってしまうと言えるでしょう。
せっかく二人っきりの時間を与えられたのなら、その三回を無駄にはしたくないもの。

そのためには、一番最初の印象や、デートでの気配り、別れ際の心配りなど、相手に対する配慮ある行動はとても大切です。
三回のチャンスを生かすことができるように、普段から繊細な人への思いやりは大切にしたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 16
    パワースポットはいいとこです…
  2. 08
    運悪く遭遇してしまう「婚活トラブル」は、婚活していれば避けては通れない道でもあることは事実です。もち…
  3. 15
    最近の婚活男性の中で、年齢に対して焦りを抱く人は意外と少ないようです。生活が安定してくるもあって、年…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ランキング

アーカイブ

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る